ぽちゃまにTOPへ戻る

自分の個性にもっと、自信をもつこと。

今日は、「ぽちゃまに」のポスターの撮影、お疲れ様でした!今回は念願の江口さんのご登場ということで、撮影現場の女子がウキウキしっぱなしでした!さて、実際、読者として読んでいただいた江口さんの「ぽちゃまに」のご感想は?
いやもう、紬先輩可愛いなと。
終始可愛いなと(笑)。
やっぱり男性の目線から見ると紬ちゃんってかわいいなあと?
かわいいですよねー。あと、紬ちゃんのお父さんがね、本当に優しいですよね。お父さんだけじゃないですけど、ああ、この家族に囲まれたら、紬ちゃんもこういう性格になるよな~と思って。そういう意味では紬ちゃんの内面的な部分が可愛いですよね。彼女自身の優しさにすごく惹かれましたね。確かにダイエットしたり、可愛くみられる努力をしたりっていうのも素敵だと思うんですけど、内面ってなかなかこう作ろうとおもって作れるものじゃないと思います。
なるほど~。紬ちゃんの優しさとか、包容力とか…魅力的ですよね。では、そんな紬ちゃんともしデートをするんだったら、江口さんはどんなデートをしたいと思いますか?もう完全に妄想の世界ですが(笑)
完全にあれでしょうね、食べ歩きでしょうね。間違いないです(笑)
それは「食べさせたい」ということで?
食べさせたいですね~。
結構、デートだと、女の子ってお腹が空いていても、ちょっと遠慮しちゃってガッツリ食べれない子とかもいると思うんですけど…
いやー、やっぱり美味しく食べてくれている様子っていうのは、非常に可愛らしいし、男から見てもほほえましいと思いますよ。
なるほど!マンガの中でも、紬ちゃんが食べているシーンって、本当においしそうに食べていますもんね。読んでいてこちらも幸せになるような。。。。ちなみに、江口さんが印象的なシーンや、エピソードはありますか?
紬ちゃんが、田上くんと自分が本当に釣り合っているのかって、自分の中で葛藤するシーン、ありますよね。そういう揺れ動いて迷う紬ちゃんを、120%の包容力で包み込む田上くんの姿が、男の視点からすると、すごいな、と。
田上くんは迷いがないですよね。
そうですね。やっぱり貫いているところ、かっこいいなあと思います。なかなかそういう生き方ってできないと思うんです。だからこそ憧れるとかじゃないですけど、一途に生きられるというのはすごいなと。
確かに、彼はゆるぎない。だから紬ちゃんも安心して信じてついていけるんですよね。そんな田上くんですが、ちょっと変態ポイントも・・・(笑)紬ちゃんを触っていないと禁断症状がでるという。これは妄想になってしまうんですけど、江口さんが紬ちゃんを揉むならどのポイントを揉んでみたいですか?
背中の肉かなー(笑)。腰の後ろとか。 あと、お腹の二段目!
二段目?そこはやっぱり二段目で?!女子としては隠したいところですが。。。
いやいや、希少部位です(笑)
ところで、江口さんって、声優として活躍もされていて、身長も高くてイケメンで・・・コンプレックスとは無縁のような気がするのですが?
いやいやいや。コンプレックスって誰でも持ってますよ。僕自身は、中学のころから身長が高くて、身長が高いっていう意味で目立ってしまって…。でも、当時は、基本的にあまり他人と関わりたくなかった人間だったんですよね。他人としゃべることが得意じゃなくて・・・・。だから背が高いのがすごく嫌だった。人前に出るのほんとに嫌だったんですよ。(笑)実は、中学時代に、「江口って背が高くて苦手~」みたいなことを女子が言っているのを聞いてしまったこともあって・・・思春期だけに傷つきましたね。相当なダメージありました。もう絶対、人前出たくないって(笑)だから、紬ちゃんの、ありのままの自分で正面から向き合うっていう、考え方や姿勢、本当にすごいなって思います。
背が高いって、モテ要素かと思っていたら、逆にそんなコンプレックスでもあったんですね・・・でも、だからこそ紬ちゃんに惹かれるんですね。では、最後に、全国の「ぽちゃまに」読者の皆さんに、江口さんから一言いただけますか?
「ぽちゃまに」は、本当に読んでほんわかするというか、素直な気持ちになれますよね。皆さんすごく新刊を楽しみにしていると思いますが、僕も一読者として、これからも田上くんと紬ちゃんの今後を見守っていきたいと思います!
今日はありがとうございました。これからも「ぽちゃまに」の応援、どうぞよろしくお願いいたします!