ぽちゃまにTOPへ戻る

自分の個性にもっと、自信をもつこと。

今回、馬場園さんは「ぽっちゃり普及委員会」の
会長に就任されましたが、会長としてイチオシの、
ぽっちゃり女子のおすすめポイントは何ですか?
やっぱり、安心感ですかね。
あと、癒し?
やわらかい感じが男性に癒しを与えられると思います。
ぽっちゃり女子っていいなぁと思うときは、
どんな時ですか?
やっぱり、同じ女性として初対面でも気軽に
話しかけてもらえるので警戒されにくい
ところですかね。
たしかに、漫画の中でも女子から人気ですよね。
女子同士で話しやすい存在なのかもしれないですね。
元々子供の頃とか人見知りで、自分から全然喋れなかったんですが、周りから声をかけてもらうことも多かったので、その辺はラッキーでしたね。 あ、あと、ぽっちゃり女子のいいなと思う所でいえば、
ぽっちゃり女子の二の腕って、低反発で、ほぼテンピ○ールみたいなんですよ!(笑)
すごく気持ちよくて、いいなって思いますね。(笑)
馬場園さんは、よしもとべっぴんランキングで殿堂入りをされたと思いますが、殿堂入りになった決め手はなんだと思いますか?
ひとくちにべっぴんといってもいろんな見方があるとおもいます。ぽっちゃりは決して女性として憧れるべっぴんではないと思うので。
べっぴんのそもそもの由来って、普通ではなく別の品という意味で、別の品で『べっぴん』っていうらしいんですよ。だから、美人=べっぴんというわけではないので、こういう体型でも
頑張って前向きに努力しているところを認めてもらえたんじゃないかと思います。
ありがたいです。
ぽっちゃり女子を世の中に普及するためには何が必要だと思いますか? 例えば漫画の中でもぽっちゃりという自分の体にコンプレックスを感じて、そのコンプレックスに負けてしまう子も多いと描かれています。同じぽっちゃりさんとしてどうしていけばいいと思いますか?
まず、自分を好きになることですね。
自分に自信をなくしたりとか、あまりひと目に触れたくないとか、引っ込み思案になってしまうので、そうではなくて、周りと比べずに自分を好きになること。世の中細くて、スタイルがよくて、足が長くて・・・みたいな人が増えてますけど、わたしは逆にぽっちゃりを、絶滅危惧種というか、貴重な存在として捉えてるんですよ。トキ、みたいな? これをなくしてはいけないというか、絶対保護していくべきなんですよ。みんなと同じじゃないからダメとかじゃなくて、逆に貴重なんだよというところを伝えて行きたいですね。
『ぽちゃまに』のなかで、好きなシーンはどこですか?
まず、私じゃなくて他の人と付き合った方がいい、田上君にはもっと良い人がいるよって紬が自分の身を引こうとするんだけど、
「マジでそう思ってんなら見損なった」って
田上くんから言われるシーンですね。(1巻P28)そこではじめて、 あ、自分はこのままでいいんだ、と気づいたというか。いままで自分はだめなんじゃないかって思ってたことがすべて払拭されるというか。 「いまのままでいい」って言うことを、同じ女性から言われるより、男性から言われたほうが説得力というか自信になりますよね。女性からもそうですけど、結局は男性から認められないんじゃないかと思って自信をなくすんですよ。男性からそう言われるっていうことはすごく自信にもなるし、未来も明るいですよね! 誰しもが憧れる男性と自分は絶対お似合いなんかじゃないとか、迷惑とか、申し訳ないとか思ってしまうのを、すべてクリアにしてくれる一言。これはぐっときますよね。
分かります!自分で自分を決めつけてしまうんですよね。
そうなんです! 結局は世間の目とか世間のルールとかに囚われて、 細くないとダメとか、こうじゃないとダメとか、みんながこうだからとか・・・これ日本人独特のよくない考えだと思うんですよ。これだと人の個性も潰すし、才能も潰します。
みんなと同じじゃないとダメだと思ってたら、人と違うことはできない
から。
結局は飛び抜けたなにかができなくなると思うんですよ。
ぽっちゃりさんが世の中に認められると、より自分の個性を認められる人が増えて、日本人独特のよくないところが改善されていくかもしれないですね。
世の中のぽっちゃり女子に対して一言お願いします。
人と比べるんじゃなく、自分をまず好きになること。自信をもっと持って、やっぱり楽しい人生を、悔いのないように、生きていきたいんで、私は! みなさんも、そうしましょう!
世の中のぽちゃまにの男性に対して一言お願いします。
もう、ありがとう、の一言ですね(笑)これにつきます。